部下 後輩 ご飯 誘える 男性 モテる

部下や後輩をご飯に誘える男性はモテる

スポンサーリンク

最近の若者は上司や先輩にご飯を一緒に食べに行こうと誘われるのはあまり歓迎しておらず、また平気で断る傾向がありますね。
確かに核家族や兄弟が少ない人が増え、多くの人と気を遣いながら過ごすよりも一人でいる方が楽だと思う人は、社会人でなくとも多くなってきています。

 

しかし、そんな若者が増えてきたとはいえ、ならば誘わないではなく、ある程度の距離感を考えながら「ご飯一緒にどうだ」と声をかけることのできる男性社員が女性社員からはもてるのをご存知ですか。


もちろん、この男性もどうしてもその部下や後輩と一緒にご飯を食べたいというわけではないはずです。
(部下や後輩が女性で特別な感情を持っているなら別ですが)
部下や後輩が会社内で上手くいくようにと思いやっての行動であり、そういう行動がとれるのはいつの時代でももてる条件の一つです。

 

別に仕事が終わってからのご飯でなくても良いわけです。

スポンサーリンク

お昼ご飯ならば就業時間の範囲ですから、自分の時間を取られるということはありませんね。
また、会社内の自動販売機のある所でコーヒーを1本ご馳走してあげるだけでも良いです。
したいことは、君のことを気にかけているということをわかってもらえれば良いわけで。
最低でも部下や後輩に声はかけることのできる男性はいるようで、実はそう多くはありません。


そうしてもいても無意識にしている場合は気に入った部下や後輩だけだったりすることが多いですね。
多くの部下や後輩に公平に誘うことができるのがもてる男性の秘訣です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加