気遣いができる男 モテる 条件

気遣いができる男になろう

スポンサーリンク

気遣いができない男性というのは、女性にもてません。
裏を返せば、気遣いができるようになってくると、女性にもモテるようになってきます。

 

女性に恋愛対象としてみてもらおうと思ったら、女性に対して、女性が喜ぶような気遣いや心配りができるような男性にならなければなりません。

 

私が思うに、女性にたいする気遣いには、大きく分けて2種類ものがあります。
それは、
「気遣い行動」と「気遣い言葉」です、。


たとえば、女性に何か良くないことがあって、それを男性側が気づいてあげたら、どうしますか?
このような時に、「どうしたの?何かあった?大丈夫?」などと声をかけてあげるのは、「気遣い言葉」にあたりますね。
そして、落ち込んでいる彼女を見て、カラオケや食事などに遊びに連れて行ってあげるのは、「気遣い行動」にあたるといえるでしょう。

 

日本人男性の場合は特に、こういう傾向が顕著だといわれますが、男性は恥ずかしがって、このような言動ができないという人が多いです。

 

しかし、言葉や行動で示さないと女性には伝わりません。
そして、伝わらなければ、女性にもてるという目的からしたら何にもならないのです。

 

ですから、女性の変化に気づくことができたらのなら、やることはこの2つのどちらかしかありません。
もちろん、いきなり、食事に誘ったりするのはびっくりされることもありますから、まずは、気遣い言葉をかけてあげてください。
ひとこと「どうしたの?」と声をかけてあげるだけでいいんです。
これなら、まだ何とかできそうな気がしませんか?

スポンサーリンク

考えても見てください。
街中で、腰の曲がったおばあちゃんが重たい荷物を抱えて、地べたに座り込んでいたら、声をかけますよね?
「おばあちゃん、どうしたの?大丈夫?荷物を持とうか?」
と。

 

それと同じことなのです。
困っていそうな人がいたら、声をかけてあげる。
たったそれだけのことです。
ごく自然なことですよね。

 

しかし、現代は、そういった助け合いすらも希薄になっているように言われています。
でも、日本人であれば、きっと困っている人がいれば、だれもが心のどこかに気にかけているはずなのです。

 

声をかけてあげたいな。
でもはずかしいな。
どうせ他の人が助けてくれるだろ。

 

そのように思っている人が多いだけだと思います。
みんながみんなそのように思ってしまって、誰も行動を起こさないだけです。


もてる男になりたければ、そのような大多数の人間と同じことをして埋もれてしまっていてはだめです。
助けてあげたいなという気遣いを行動に移しましょう。
まずは、たったひと言
「どうしたの?」
この一声をかけるだけでいいのですから。

 

でも、こと女性にもてたいと思っている男性には注意して欲しいことがあります。
それはあくまで、「さりげなく」気遣うということですね。
仰々しく、わざとらしくなってしまってはいけません。
女性を意識するあまり、そういう感じがでてしまうと女性にはすぐわかってしまうものなので、さりげなさは意識するように注意してください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加