言葉遣い 気をつける 仕事 男性 モテる

仕事で言葉遣いに気をつける男性はモテる

スポンサーリンク

社会人の経験がある人にはわかるでしょうが、学校と違って会社に入ると年上でも後輩や部下であったり、年下でも先輩や上司という状況があります。
どちらにしても失礼がないようにすることが仕事をスムーズに進めるコツであり、また社内の女性社員に人気も出てももてるコツとなります。
もっともわかりやすく言えば大切なのが言葉遣い。


日本語には敬語や丁寧語、謙譲語という、外国にはない言葉の文化がありますから、これをきちんと使い分けていくことで対応できることがたくさんあります。

 

女性社員が見ているのはどちらかというと年上でありながら後輩や部下である人に対する言葉遣いです。
ついつい、役職が上であると年上の人であっても丁寧語を使わずに話したり、それどころか少し横柄な言葉遣いをする人もいますね。
実はこのパターンを嫌う女性が多いのです。

スポンサーリンク

役職などはまた何かで変わることもありますが年齢が変わることがありません。
もし、いつか役職が上下するようなことがあった場合、急に今までと同じように話せないのは不自然な感じもするでしょう。
そこで言葉遣いや態度が変わるような男性も女性からはもてることはほぼないと覚えておいた方が良いかもしれませんね。

 

上の人に気を使うのは当たり前で誰でもすることですが、下の人にも気配りができるような男性が理想の男性像です。


言葉遣いなどは急には直りませんので、普段から気をつけて話すようにするのが良いでしょう。
それが板について来れば間違いなくもてる男性になっているはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加