空気 読める人 モテる 男性

空気を読める男は女にモテる

スポンサーリンク

かつて、「KY」という言葉が流行したことがありました。
KY→空気読めない の略語です。

 

わが国は世界的にも珍しいようですが、「空気を読む」ということを尊ぶ国です。
国際化社会ではあまり通用しないのかもしれません。
しかし、わが国の中で生活しているからには、この空気を読むということは社会人として生活していくうえでは、必ず身に着けておかなければなりません。


モテメンを志しているのなら、あたりまえのように備えておかなければならない常識です。
そもそも空気を読むというのはどういうことを言うのでしょうか?
空気を読むということは、その場の雰囲気や状況を読み取り、それにそぐわないような言葉を発したり、行動をしたりしないということです。

 

その場の空気が悪くなってしまうような言動をとってしまうと、日本では直ちに「空気が読めないやつ」だといわれて、嫌われてしまいがちです。

 

そうなってしまっては、女にモテルどころではなくなってしまうでしょう。
そうはいっても、そのように嫌われてしまうのを恐れて何も行動できなくなってしまうということも実は危険なことなのです。

スポンサーリンク

皆が発言している状況で、自分ひとりだけが何の発言もしなければ、それもやはり、「空気が読めないやつ」だと認識されてしまうのです。

 

このように空気を読むということはなかなか難しいものです。
しかし、このことが適切に行えるようになれたら、女性に好まれるモテる男性にぐっと近づくことができます。
ひいては、この日本においては、社会を上手にわたっていくことにもつながるでしょう。

 

女性と接しているときは、特に気を遣ってください。
せっかくいい感じのムードになっていても、照れ隠しのためになんと無しに言ったジョークが引き金となってせっかくのいいムードが台無しなんてこともよくある話なのです。


モテメンはジョークを使用する場面を適切に読み取ることができます。
ムードをぶち壊すひと言を言ってしまっては、空気を読めない人だと女性にもすぐさまレッテルを貼られてしまいます。
そして、空気を読むということは常に心がけておく必要があります。
特に良いムードでなかったとしても、女性といるときは常に意識しておくべきだといえるでしょう。

 

かといって、女性に嫌われてしまうことを恐れるあまり、無口になってしまってもいけません。
ですので、慣れていない人にはなかなか難しいと感じられるかもしれませんが、使い分けが適切にできるようになれば、女性にもてるようになるのはすぐそこだといえると思います。
難しいからこそ、チャレンジする価値もあります。
諦めずにがんばってください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加