見栄を張る モテる 必要

見栄を張って自分をよく見せることも必要

スポンサーリンク

男なら、どっしり構えていましょう。
やっぱり、大人のもてる男は細かいことを気にせず、大きな感じをアピールするのが良いでしょう。
でも、注意したいのは、えらそうな高圧的な感じではなく、おおらなかな広い心を持って、接することが大切になってきます。

 

端的な表現をすると、「余裕がある男」ということになります。
余裕がある男というのは、やっぱりモテますね。
女性にもてたいと思うのなら、余裕がある男になるべきです。
もちろん、真に実力をつけて、そこからくる余裕を身にまとうのが一番良いのですが、演じることも時には必要です。


女性に好印象を与えようと思ったら、不自然にならないよう、演じているのが気づかれないようにという前置きが必要にはなりますが、多少、見栄を張ることだって必要なのです。

 

ただ、注意点としては、見栄を張っていることを女性に見抜かれてはならないということがあげられます。
ですので、先ほど、「演じているのが気づかれないように」と前置きをしたのです。

 

見栄を張るということは、つまりいいかえると、本当は実力がないのに、強がっているということです。
女性の中には、強がっている男性に対して、「かわいいな」と思って、かえって好感をもつような思考回路の人もいます。
しかし、全体的に見れば、そういう女性は少ないといえるでしょう。

 

女性にもてようと思えば、まずもって、たくさんの女性に興味を抱かせる必要があるのですから、相手の女性にみぬかれないように見栄を張らなければならないわけです。

スポンサーリンク

たとえば、女性といるときに何らかの失敗をしてしまったとします。
そこで、おどおどしてしまってはいけません。
女性に頼るのもNGです。
すぐに誰からに頼ってしまうということは、自ら自分のことを弱い男だとアピールしてるのと同じことです。

 

ここは、外には、何の変化も見せず、何事もなかったかのように振舞いましょう。
思うに、失敗していても、それが失敗でないかのように見せるのも必要な技術だと思います。
そうして、常に平静を装えるようになると、周囲からの評価も頼もしいやつだということになります。
そんな評価をされるようなくらいだから、女性からもてるのは当然だと思いますね。

 

あと、注意したいのは、合コンやパーティー、あるいは職場や会社での飲み会の支払いのときにも当てはまりますが、お店の会計をするときに、あまりにも細かい1円単位の割り勘というのは避けましょう。

 

なんてけち臭いやつなんだと思われてしまっては、中にはそれを頼もしいと思ってくれる女性もいないこともないでしょうが、多くの場合は、マイナスの印象を与えてしまいかねません。


もし、支払いの場に女性や後輩がいたら、全額おごるまでは困難であっても、
「端数は俺が持つよ」
などといって、多少は多めに払うようにしましょう。
それも、いつもそうしているかのように。
それが、さも当然かのようにです。

 

このように多少は見栄をはることで、女性に対する評価を下げずにすむどころか、ぐっとポイントアップさせることができるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加